BLOGブログ

2018.09.27スタッフブログ

内装解体時の火災報知機について

こんばんわ!
内装解体コワースです。

最近検索の順位が上がったみたいで
【内装解体 大阪】で5位になっていました。
うれしい限りです(^^)

より多くの方にホームページを見ていただき
内装解体をお考えの方からお問合せを頂くことを願っています!

さて、今日は内装解体ではいろんな手順があり
工事を進めていくのですが、その中の一つ
【火災報知器】についてお話したいと思います。

火災報知器はある程度の大きさの建物(店舗)であれば
大体はついています。
火事になったときにビル全体の方に
出火しましたよ~と伝えるものです。

種類としては
熱感知式と煙感知式があるみたいです。

その火災報知器を内装を解体するときに
そのまま解体しちゃうと断線エラーが発生し
火災ベルが鳴ってしまいます。

火災報知器が消防所につながっていることもありますので
誤作動でベルが鳴るだけで消防車が来てしまうこともありますので
要注意です!!

なので解体前に、火災報知機屋(ビルを管理している)消防施設を
取り扱っている業者さんへお願いし取り外していただく必要があります。
また、工事が完了した後も復旧をしないといけませんので
要注意が必要です!

火災報知器は命を守る大切な設備です。
何も知らない業者が工事をすると
大変なことになりますので、
専門業者のクリーンアイランドへお任せください!!