コワースブログ

2023.01.17相続の基礎知識

解体 大阪 見積り 準備 相続

大阪と兵庫のみなさま、こんにちは!

大阪と兵庫を中心に、内装解体・原状回復工事を手がけるコワースです!

 

相続の基礎知識

  • 相続
  • 相続税

相続

亡くなった親族などから建物を相続するケースはそうめずらしいことではないでしょう。

相続はしたけど、すでに住居があるため引っ越す必要がないので、建物を取り壊して更地にしてから貸し出したい。または土地を処分したい。そう考える人もいるでしょう。

生前贈与の場合は別ですが、たいていの場合は相続するケースというのは、被相続人が亡くなった後が多いでしょう。

悲しみの中、執り行われる葬儀、生命保険会社や金融機関への連絡、手続き。そして親族での相続の話し合いなどと何かと忙しく、特に初めて体験する場合には困ることも多いでしょう。

いざという時に、《知らなかったので面倒なことになってしまった》《知っていれば損しなかったのに》ということにならないよう、前もって基本的な流れや気をつける事をおさえておきたいですね。

 

相続税

《相続税》という税金があることを知っている人は多いのではないでしょうか。

では、あなたが実家を相続した場合の相続税はいくらでしょうか。

と聞かれてもなかなか答えられませんよね。

実はほとんどの人が相続税は0円です。

相続税には基礎控除額というものがあります。

 

《基礎控除額》
 基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)
 例:相続人が2人の場合、基礎控除額は4,200万円

相続財産が相続税の課税対象となる人は国内全体の8.1%とほんの一部なのです。

こうしてみると国民の90%以上は相続税とは無縁ということになるでしょう。

 

つまり相続しても、相続財産が基礎控除額の範囲内でしたら、相続税は発生しないので申告の必要もないでしょう。

 

まとめ

今回は、【相続の基礎知識】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、コワースにご相談ください。

 


お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル

0120-66-1894

9:00-18:00(年中無休)

大阪・兵庫の内装解体・店舗解体

コワース