コワースブログ

2020.02.10原状回復工事の怖いおはなし

原状回復工事専門店のコワースです。

本日は実際にあった原状回復工事のこわーいお話です。

 

怖いと言っても、お化けが出るような怖い話ではありません。

 

『原状回復工事とは』

テナント側が借りた時の状態に戻す、スケルトン工事です。

ビルを借りる際、賃貸契約書にハンコを押し

テナント様で思うような内装にするため工事を施工する。

そして色んな事情でテナントを返却する為に、契約書を読み返してみると。。。

 

『ビルの指定業者での原状回復工事を行い返却する』と記載されていました。

 

ビル側からすると、大切な建物を保全する意味合いでも

信頼のおける業者で工事をするといったことが契約書に盛り込まれている事があります。

 

ただ、このオーナー側での工事で見積りが出てきてびっくりして

弊社にお電話頂く事が多々あります。

それはそれは恐ろしい、50坪ほどのテナントで

原状回復工事費、1式1500万円と書かれた見積りが出てきたそうです。

 

通常、50坪ほどの原状回復工事費でいくら高くても500万円までです。

 

それが、オーナー工事となると約3倍になったわけです。

 

 

借りるときは返す時の事は考えずに借ります。

返却する際、テナントから多額の工事費を請求され保証金もすべてなくなり

まださらに追い金をして返却する事になったのです。

 

原状回復工事の専門店である弊社からすると、

本当にぼったくりもいい所ですよね。

 

原状回復工事 内装解体の

コワース