コワースブログ

2020.07.10内装解体の見積を詳しく把握しましょう

内装解体の見積もりとるとき大事なことは管理会社の方にも一緒に立ち会ってもらって、どこまで工事をするか、解体工事範囲を明確にします。解体業者だけに見てもらうと、これはどうしますか?など聞かれても正確に答えられなくて、とりあえずスケルトンでということになって解体ぎょすははちょっとの漏れもないような完璧なスケルトン見積算出しますが、すべての工事内容が盛り込まれて当然高い金額になります。契約内容にスケルトン返却となっていてものこすことによりオーナーにとってプラスのものもあるケースがあります。そして、見積もり撮る時期は直前になってしまえば良心的業者は工事に入れないケースがあり、事務所の引っ越しなどは退去する費用もそれなりかかりますから、移転先にどれぐらいの費用かけられるか判断するうえで工事始める遅くても1か月ぐらい前にしっかり現場みてもらうのがいいです。そして、内装解体に限ったことではないですが、解体費用抑えるためのポイントは建物の中に残ってるものをなるべくすくなくします。はじめに何を処分するかを決めてすべて解体業者にまかせるときはいくらかかるか、自分で減らした時はいくら削減できるかも検討できるよう見積もり細かく出してもらいましょう。ですが、自力で撤去するなら、それなりの手間がかかったりして、これから解体を考えてる方は実際見積もりとって、費用と労力のバランス考えてみてください。そして、ビル、百貨店など建物の一部賃貸借契約の元かりることをテナントいといって、それが店舗経営などでの利用を終了して借りてた場所を明け渡す時に行われる解体を内装解体といいます。多くの場合は内装解体は借りてた場所を借りた当初の状態に戻して返し、建物の構造に必要な部分以外すべて解体してコンクリうちっぱなしの状態にします。ですが、解体後の購入者が決まってるときはその後の活用法によって残すものなど判断する必要があって、ケースバイケースで対応しなくてはなりません。ですが、内装解体手順は知識ない状態で解体工事するのは不安です。自分が所有する建築物と違って内装解体はたくさんの方に影響していて、第一に内装解体はその建物所有者である賃貸人と建物の一部借りてる賃借人両方の合意なくては行えません。賃貸借契約を結んだ時の制約のもと話し合って解体工事依頼しなくてはなりません。これもまたケースバイケースですが建物のオーナー中業者選びからかかわりたい人もいたりします。