コワースブログ

2020.07.15内装解体でスケルトンが有効

内装解体でスケルトンがありますが、内装解体工事は店舗など内装部分の解体作業、撤去作業を指して通常管理会社に物件返却時にする原状回復作業の一部です。ですが、必ずしも内装全部の解体だけが該当するのではなくて間仕切り、カウンターなど内部造作を部分解体して撤去する時も含まrます。そして店舗、事務所など用途でテナントになれば店舗、事務所のイメージに合ったインテリアなど設置して借りた当初の原型は面影なくなっています。そうした状況になてる物件を閉店など理由のいかんを問わず管理会社、オーナーに明け渡すときまでに内装解体と運び出し処分までしなくてはなりません。そして、スケルトン工事は建物構造体以外の内装すべて解体して天井や配線など入居時の状態に戻します。通常は鉄筋コンクリのビルなどならコンクリうちっぱなしの状態にするのがほとんどです。スケルトン仕上げ、スケルトン戻しと呼ばれたりします。そして一般の住宅建築物において躯体を残し内装など取り換える改装工事を指し、建て替えより工期、コスト抑えられるといったメリットがあって、傷みひどい柱など新しく交換して耐震性アップさせる改善をすることが多いです。原状回復工事は簡単に言うとテナント退去の時入居時の状態に戻し返却します。多くは店舗、事務所など賃貸借契約で契約終了後退去時に現状回復義務かせられていて借主が自己都合で設置した造作など取り除く必要が出ます。店舗は内部造作の撤去、壁など修繕、事務所ならクロス、床張り替え、パーティションなど撤去など修繕などあって、それぞれ水道、ガスなど設備工事含みます。そして現状回復は店舗、事務所として借りたのを退去する時借りた時の状態に戻すことで内装解体と修繕することを意味してスケルトンとは意味が異なります。ですが、通常は現状回復はスケルトン戻しであるケースが多くて、その時内装解体工事など工事が原状回復工事に含まれる形となります。また、店舗の一般的賃貸借契約はテナントの契約終了時に原則原状回復義務条項が定められることがおおくて、その時物件借りたときの状態がスケルトンから、内装解体工事などすることになります。内装解体工事は入居後テナント側で設置した造作などすべて撤去してまっさりにします。スケルトン工事は内装解体後の仕上げで最終的に建物構造体のみ残るようにします。ビジネス用途で事務所を賃貸する時基本自分の身は自分で守ることが大事です