コワースブログ

2023.01.19不動産の評価額

解体 大坂 相続 評価額

大阪と兵庫のみなさま、こんにちは!

大阪と兵庫を中心に、内装解体・原状回復工事を手がけるコワースです!

不動産の評価額とは?ここでは建物の評価額と土地の評価額を見てみましょう。

不動産の評価額

  • 建物の評価額
  • 土地の評価額

相続財産の合計額のことを《相続評価額》といいます。相続財産を調査し、相続評価額が基礎控除額を越えているかを確認します。
現金や預貯金に関しては金額がそのまま相続評価額になります。ローンなどの負債が残っている場合は、マイナスの現金として扱い、株券などは時価が相続税評価額として扱われます。

では、不動産はどうなるでしょう。時価は売却してみなければわかりませんが、評価するために売却するのは現実的ではありません。
不動産の相続税評価額は実は評価方法が決まっています。そして時価よりも安く評価されることがほとんどなのです。
ここでは不動産の相続税評価額の評価方法を少し見てみましょう。

建物の評価額

建物の評価の方法はとてもシンプルです。その方法としては固定資産税評価額が相続税評価額になります。

固定資産税評価額とは、固定資産税納税通知書に記載されている金額のことです。

固定資産税評価額は税金を徴収するための評価額になるので、例えば時価評価額がゼロになってしまっているような古い建物であったとしても税金はゼロになりません。

その評価額で扱われるので高額と感じるケースがあります。

 

土地の評価額

土地の評価額は《相続税路線価》によって評価されます。

《相続税路線価》は国税庁の財産評価基準書路線価図、評価倍率表で公開されていますので確認してみるとよいでしょう。

時価の80%が相続税評価額の目安とされてます。

マンションなどの土地評価額は、全体の土地評価額に共有持分割合を乗じて計算されます。

 

まとめ

今回は、【不動産の評価額】についてをご説明いたしました。

解体に関してご相談・お見積もりは、是非一度、コワースにご相談ください。

 


お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル

0120-66-1894

9:00-18:00(年中無休)

大阪・兵庫の内装解体・店舗解体

コワース