コワースブログ

2020.01.29一般家屋のスケルトン工事 神戸市北区

こんにちは!
原状回復工事専門店 コワースの谷池です。

 

本日は一軒屋のスケルトン工事をご紹介したいと思います。

神戸市北区にて着工している現場です。

 

一般家屋のスケルトンというとなかなか想像がつきにくいと思いますが

リフォームやリノベーションをする際、

一度内装材をすべて撤去して0の状態に戻すことをいいます。

 

築25年ほどの建物なので

内装材は石膏ボードが多いですね!

断熱材も沢山入っていました。

50年ほど前になると石膏ボードがまだ普及していませんでしたので

石膏ボードも、断熱材もありません。

基本的に土壁と呼ばれる壁で、藁と土を混ぜそれを壁の仕上げ材として使用されています。

時代の変化で建物に使われる建材も変化しています。

 

生活が快適に出来るよう作られていますが

壊すことは考えていなくどんどん解体もしにくくなってきています。

 

特に最近は吹付の断熱材も一般家庭で使用されるようになってきています。

アスベストは入ってませんが

ウレタン素材や、紙素材で直接壁の中に吹き付けていますが

あれはもう本当に解体屋さん泣かせですね(泣)

ただ、どんな状況でもコワースにお任せいただければ安心してお任せいただけます!

 

原状回復工事 スケルトン工事は是非お任せ下さいね!

フリーダイヤル0120-29-0091まで

お問合せお待ちしております。